私が脱毛になかなか踏み切れない理由について

脱毛。
やってみたいけれど、やってみるには勇気がいるものランキングの上位に必ずランクインするものの一つです。

現在、無駄毛の処理はカミソリで剃毛していますが、
カミソリでの処理にはとても苦い経験があり、
その時にも脱毛していれば良かった、と悔やんだことをよく覚えています。
遡ること6年前、付き合いたての彼氏と白浜へ旅行へいったときのことです。
1日目は観光、2日目は海で遊ぶという旅行計画だったため、1日目の夜は念入りに無駄毛の処理をしました。
使い慣れない、安物の旅館のカミソリを使いました。
そして2日目、海に入った私の足にチクチクと激しい痛みが襲いました。
驚いて脚を見ると、毛穴という毛穴が赤くなっていたのです。
そうです。カミソリにまけてしまった私の足が塩水によって、さらに炎症を起こしてしまっていたのです。

付き合ったばかりの彼氏とのはじめての旅行、あのときの恥ずかしさは今でも忘れることができません。
あの時、脱毛していれば、あのような恥ずかしい思いをすることはなかったのにと悔やまれてなりません。
そうはいうものの、あの恥を経験してもなお、脱毛に踏み切れないのは、
一つは騙されて、脱毛でだまされて高いお金を請求されるのが心配
そしてもう一つは脱毛部分を店員さんに見られることが恥ずかしいという考えからです。
それらの思いを払拭するきっかけや、勇気があれば、ぜひとも脱毛に挑戦してみたいと思います。